超!精巧な、偽一万円札が出回る

北朝鮮国境付近、中国東北部の印刷工場で精巧な偽一万円札が
中国国内を中心に出回っているらしい。

ムチャクチャ、すごい精巧なものらしく鑑別機がないと
偽一万円札なのか本物なのか分からないというくらいだそうだ。

どのくらい精巧かというと、「透かし」は当たり前。
パールインキで浮かび上がらせる模様やマイクロ文字まで
ほぼ完璧らしい。

アメリカドルの摘発がすさまじいので、対象を一万円札に
変えたという見解が専門家の筋では言われている。
この偽一万円札、アメリカドルやユーロと交換されて
流通しているということだ。

日本紙幣の技術は決して悪くはありませんが、人が作るものは
破ることができるし模倣もできる、という現実を改めて認識
させられました。

MIYARINKUBOLIN.COM

韓国語 読み方

ダイエット食品ブーム

コンプレンドレ

ツインGT 燃費向上グッズ

ヴィトンの財布でのエピソード
[PR]
by k8adichihara | 2009-05-07 13:38 | 日記1
<< 伊勢丹吉祥寺店 来年3月閉店 中国の核実験での被害 >>